MT4で使えるIFD注文の方法を詳しく紹介

MT4で使えるIFD注文の方法を詳しく紹介

はちわれ

MT4で使えるIFD注文ってどんな注文なの?注文方法も教えてほしいな。

こういった疑問に答えます。

MT4では、以下の6種類の注文方法を使うことが出来ます。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFO注文

この記事では、IFD注文について詳しく紹介していきます。

IFD注文とはどんな注文?

IFD(イフダン)注文は、新規注文とその決済注文を同時に発注する注文方法です。

新規注文は成行注文、指値注文、逆指値注文を選択できます。

新規注文が指値(逆指値)注文の場合は、指値(逆指値)注文の指定価格に到達したら自動的に取引(注文)し、さらに決済注文の指定価格に到達したら自動的に決済取引(注文)を行います。

IFD注文は以下のような組み合わせがあります。

IFD注文の組み合わせ
  • 買い注文(成行注文/指値注文/逆指値注文)とT/P(利確:指値売り)
  • 買い注文(成行注文/指値注文/逆指値注文)とS/L(損切り:逆指値売り)
  • 売り注文(成行注文/指値注文/逆指値注文)とT/P(利確:指値買い)
  • 売り注文(成行注文/指値注文/逆指値注文)とS/L(損切り:逆指値買い)

IFD注文のメリット・デメリット

IFD注文には、以下のようなメリットがあります。

IFD注文のメリット
  • チャートに張り付いていなくても取引を行える
  • 約定前なら注文の変更や取り消しができる

また、IFD注文には以下のようなデメリットが挙げられます。

IFD注文のデメリット
  • 指定できる決済注文は1つだけ

IFD注文は、新規注文と決済注文を同時に注文するので、チャートに張り付いていなくても利確ないし損切りの決済を行うことができます。

ただし、IFD注文では注文できる決済注文は1つです。

相場の状況によっては、以下のようなケースが発生する場合もあるので、注意が必要です。

IFDで利確を決済注文にしていたが、ポジションと逆方向に相場が進んでしまったため、損失が膨大になってしまった

IFD注文の方法

IFD注文を行うには、まず「注文画面」を開きます。

キーボードのF9キーを押すと(ショートカットキー)注文画面を開くことができます。

はちわれ

MT4で注文画面を開く方法は別記事で詳しく紹介しているので、そちらを見てね。
【MT4】新規注文の種類と注文方法 【MT4】新規注文の種類と注文方法

注文画面を開いたら、画像のように「通貨ペア」「数量」「決済逆指値(S/L)か決済指値(T/P)」「コメント(必要に応じて)」「注文種別」(指値注文を選んだ場合、「注文種別」「価格」「有効期限」も)を入力/確認しましょう。

注文画面からIFD注文(成行注文)をする

注文画面からIFD注文(指値/逆指値注文)をする

注文種別は、以下の表を参考に希望する注文を選択します。

選択項目 注文種別
Buy Limit 買い指値注文
Sell Limit 売り指値注文
Buy Stop 買い逆指値注文
Sell Stop 売り逆指値注文

はちわれ

IFD注文をする場合は、決済逆指値か決済指値のどちらかだけを入力するよ。

FX会社によっては、現在価格からある程度離れた価格を設定しないと、指値注文や逆指値注文を受け付けてくれない場合があります。

これは、決済注文にも当てはまるので注意が必要です。

成行注文の画面には表示されていないので見落としがちですが、いざ注文をしようとすると「無効なS/LまたはT/P」と表示されて注文が通りません。

FX会社から指定価格の制限を設けられている場合、「注文種別」を指値注文に変更すると、有効期限の下に「現在価格から○ポイント圏内の発注はできません」と表示されていますので、確認しましょう。

はちわれ

1ポイントは、0.1Pipsだよ。

40ポイントだと4Pipsで、実際に発注する時に実感するけど、結構大きい数値だよ。

注文を弾かれると、タイミングによってはトレードを諦めないといけない場合も出てくるから気をつけようね。

確認できたら、成行注文の場合は「成行買い」「成行売り」の希望するボタンを、指値/逆指値注文の場合は「発注」ボタンをクリックすると、注文の変更が発注されます。

MT4で使えるIFD注文って何? まとめ

MT4で使えるIFD注文は、新規注文と決済注文を同時に注文できる便利な注文方法です。

指定した価格に到達したら自動で決済するので、チャートを見れないタイミングでのトレードにも適しています。

IFDで注文できる決済注文は1つだけなので、チャートを見れないタイミングがある場合は、利確と損切りどちらを注文するのかを慎重に選択する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です