MT4で使える成行注文の方法を詳しく紹介

MT4で使える成行注文って何?注文方法も詳しく紹介

はちわれ

MT4で使える成行注文ってどんな注文なの?注文方法も教えてほしいな。

こういった疑問に答えます。

MT4では、以下の6種類の注文方法を使うことができます。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFO注文

この記事では、成行注文について詳しく紹介していきます。

成行注文とはどんな注文?

成行注文は、注文時に価格の指定をせず、現在の価格で売り買いする注文です。

レートを見ながら、「今買いたい」「今売りたい」と注文を出す形式です。

成行注文は、数ある注文方法の中で一番シンプルな注文といえます。

FX会社によっては、「マーケット注文」「プライスオーダー」と呼ばれることもあります。

成行注文のメリット・デメリット

成行注文のメリットは、以下のようなものがあります。

成行注文のメリット
  • 分かりやすく、使いやすい
  • 買いたい、売りたいタイミングですぐに注文を出せる
  • 売買の成立(約定)が早い

また、デメリットは以下のようなものが挙げられます。

成行注文のデメリット
  • スリッページが発生する場合がある

成行注文は売買する価格を指定しないので、売買の成立(約定)が早いです。

また、「買いたい」「売りたい」と感じた瞬間に注文を行うだけなので、比較的分かりやすく注文しやすい方法と言えます。

その反面、スリッページが発生する場合がある点に注意が必要です。

スリッページとは、トレーダーが注文を出してから約定するまでの間にレートが変動してしまうことです。

簡単な例
現在のレートが110円の時に買い注文を注文したが、約定価格を見たら110.1円だった

スリッページは、どのFX会社でも発生します。

スリッページを減らしたい場合は、スリッページが少ないFX会社や、許容スリッページを設定できるFX会社を選ぶと良いでしょう。

はちわれ

許容スリッページは、「スリッページがこの範囲以上発生したなら、約定しないで」といった設定ができるよ。

スリッページが発生した注文を約定させたくない場合に有効な設定だよ。

MT4で成行注文をする方法

MT4で成行注文を行うには、まず「注文画面」を開きます。

キーボードのF9キーを押すと(ショートカットキー)注文画面を開くことができます。

はちわれ

MT4で注文画面を開く方法は別記事で詳しく紹介しているので、そちらを見てね。
【MT4】新規注文の種類と注文方法 【MT4】新規注文の種類と注文方法

注文画面を開いたら、画像のように「通貨ペア」「数量」「コメント(必要に応じて)」「注文種別(成行注文)」を入力/確認しましょう。

注文画面から成行注文をする

コメントは他の注文と区別したい時や、見直しする時のメモなど自由に記入できます。

売りたい場合は「成行売り」、買いたい場合は「成行買い」を希望のタイミングでクリックすると、クリックしたタイミングで注文されます。

MT4で使える成行注文の方法 まとめ

成行注文は、エントリーするタイミングを見計らうだけで注文ができる、わかりやすい注文方法です。

スリッページが発生しやすい点を念頭に置いて利用していきましょう。

MT4における注文画面の開き方は様々な方法があります。

その他の注文方法でも注文画面を開く場合が多いので、自分にあった注文画面の開き方を覚えておくと良いでしょう。

はちわれ

キーボードのF9キーが早くておすすめだよ。

どのキーだったか忘れやすいのがたまにキズだけどね(僕だけ?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です