インジケーターのインストール方法

インジケーターのインストール方法

この度は、はちわれのMT4インジケーターをご購入いただきありがとうございました。

このページでは、インジケーターをMT4に導入(インストール)する方法をご紹介します。

インストールの流れ

インジケーターをインストールする流れは、以下のとおりです。

インジケーターのインストール方法
  1. MT4を起動し、「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック
  2. 「MQL4」フォルダを開く
  3. 解凍した商品ファイルにある「Indicators」「Libraries」フォルダを「MQL4」フォルダに移動させる
  4. MT4を再起動させる
  5. インジケーターを挿入したいチャートを開く
  6. 「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「挿入したいインジケーター名」をクリック
  7. 「挿入したいインジケーター」のパラメーターを設定し、「OK」をクリック

はちわれ

順番に説明していきます。

①MT4を起動し、「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック

まず、インジケーターを導入するMT4を起動させます。

メニューバーの「ファイル」をクリックすると、一覧に「データフォルダを開く」という項目があるのでクリックします。

メニューバーの「ファイル」をクリックすると、一覧に「データフォルダを開く」という項目があるのでクリックします。

②「MQL4」フォルダを開く

「データフォルダを開く」をクリックすると、一つのウィンドウが開きます。

その中に「MQL4」というフォルダがあるのでクリックします。

「MQL4」というフォルダがあるのでクリックします。

③解凍した商品ファイルにある「Indicators」「Libraries」フォルダを「MQL4」フォルダに移動させる

解凍しておいた商品ファイルにある「Indicators」「Libraries」ファイルを「MQL4」フォルダに移動させます。

移動させても、コピーしても大丈夫です。購入したインジケーターはバックアップを取っておくことをおすすめします。

解凍しておいた商品ファイルにある「Indicators」「Libraries」ファイルを「MQL4」フォルダに移動させます。

過去にはちわれ投資でインジケーターをご購入いただいた方は、Librariesに「Line.ex4」ファイルが既にインストールされている場合があります。

その場合は「宛先には既に”Line.ex4”という名前のファイルが存在します」というアナウンスが出ますので、「ファイルを置き換える」を選択してください。

④MT4を再起動させる

一度MT4を閉じ、再度起動させます。

⑤インジケーターを挿入したいチャートを開く

MT4が起動したら、インジケーターを挿入したいチャートを開いてください。

メニューバーの「ファイル」→「新規チャート」→「通貨ペア」で開くことができます。

⑥「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「挿入したいインジケーター名」をクリック

インジケーターを挿入する行程です。

メニューバーにある「挿入」をクリックし、「インジケーター」→「カスタム」の順にマウスオーバーしていきます。

最後に挿入したいインジケーター(例の場合だと「HeikinAshi-Pro(平均足Pro)」)をクリックします。

最後に挿入したいインジケーター(例の場合だと「HeikinAshi-Pro(平均足Pro)」)をクリックします。

はちわれ

ナビゲーターから、ご希望のチャートへインジケーターをドラッグアンドドロップすることでも挿入できるよ。
ナビゲーターから、ご希望のチャートへインジケーターをドラッグアンドドロップすることでも挿入できます。

⑦「挿入したインジケーター」のパラメーターを設定し、「OK」をクリック

⑥を行うと、挿入したインジケーターのパラメータ設定画面が開きます。

任意のパラメーターを設定し、「OK」をクリックすると、インジケーターが無事に挿入されます。

はちわれ

LINE通知を利用する場合は、パラメータ設定画面の全般タブにある「DLLの使用を許可する」にチェックを入れてください。

ご購入いただいたインジケーターのパラメータについては、購入サポートページから説明ページに移動できますので、そちらをご覧ください。