インジケーターのインストール方法

インジケーターのインストール方法

この度は、はちわれのMT4インジケーターをご購入いただきありがとうございました。

このページでは、インジケーターをMT4に導入(インストール)する方法をご紹介します。

事前準備

事前に準備していただきたいのは、以下の2項目です。

  • ご購入いただいたインジケーターファイルの解凍
  • Web認証システムの設定

ご購入いただいたインジケーターファイルの解凍

ご購入いただいたインジケーターはZIPファイルに圧縮されています。

ZIPファイルを解凍しておいてください。

はちわれ

このページをご覧いただいている時点で、ZIPファイルは解凍していただいていると思います。

Web認証システムの設定

はちわれブログで販売しているインジケーターは、GogoJungleのWeb認証システムを採用しております。

Web認証システムの設定については、GogoJungleのサポートページをご覧ください。

リンクEA(エキスパートアドバイザー)、インジケーターの設置手順 - 自動売買・相場分析・投資戦略の販売プラットフォーム - GogoJungle

大まかな流れ

インジケーターをインストールする方法の大まかな流れは、以下の通りです。

当サイトのオリジナルインジケーター「K-Checker」を購入した場合でご紹介します。

インジケーターのインストール方法
  1. MT4を起動し、「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック
  2. 「MQL4」→「Indicators」の順にフォルダを開く
  3. 解凍した「K-Checker.ex4」ファイルを「Indicators」フォルダ内に移動させる
  4. MT4を再起動させる
  5. インジケーターを挿入したいチャートを開く
  6. 「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「K-Checker」をクリック
  7. 「K-Checker」のパラメーターを設定し、「OK」をクリック

はちわれ
順番に説明していきます。

①MT4を起動し、「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック

まず、インジケーターを導入するMT4を起動させます。

メニューバーの「ファイル」をクリックすると、一覧に「データフォルダを開く」という項目があるのでクリックします。

メニューバーの「ファイル」をクリックすると、一覧に「データフォルダを開く」という項目があるのでクリックします。

メニューバーの「ファイル」をクリックすると、一覧に「データフォルダを開く」という項目があるのでクリックします。

②「MQL4」→「Indicators」の順にフォルダを開く

「データフォルダを開く」をクリックすると、一つのウィンドウが開きます。

その中に「MQL4」というフォルダがあるのでクリックします。

「MQL4」というフォルダを開くと、「Indicators」というフォルダがあるので、それをクリックします。

はちわれ
はちわれはインジケーターを販売しているので、Indicatorフォルダを開きます。

 

EAをインストールされる場合は「Experts」フォルダになります。

③解凍した「K-Checker.ex4」ファイルを「Indicators」フォルダ内に移動させる

解凍しておいた「K-Checker.ex4」ファイルを「Indicators」フォルダに移動させます。

移動させても、コピーしても大丈夫です。購入したインジケーターはバックアップを取っておくことをおすすめします。

解凍して置いた「K-Checker.ex4」ファイルを「Indicators」フォルダに移動させます。

解凍して置いた「K-Checker.ex4」ファイルを「Indicators」フォルダに移動させます。

④MT4を再起動させる

一度MT4を閉じ、再度起動させます。

⑤インジケーターを挿入したいチャートを開く

MT4が起動したら、インジケーターを挿入したいチャートを開いてください。

メニューバーの「ファイル」→「新規チャート」→「通貨ペア」で開くことができます。

⑥「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「K-Checker」をクリック

インジケーターを挿入する行程です。

メニューバーにある「挿入」をクリックし、「インジケーター」→「カスタム」の順にマウスオーバーしていきます。

最後に挿入したいインジケーター(例の場合だと「K-Checker」)をクリックします。

「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「K-Checker」をクリックしてインジケーターを挿入

「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」→「K-Checker」をクリックしてインジケーターを挿入

はちわれ
ナビゲーターから、希望するチャートへインジケーターをドラッグアンドドロップすることでも挿入できます。

ナビゲーターから、希望するチャートへインジケーターをドラッグアンドドロップすることでも挿入できます。

ナビゲーターから、希望するチャートへインジケーターをドラッグアンドドロップすることでも挿入できます。

⑦「K-Checker」のパラメーターを設定し、「OK」をクリック

⑥を行うと、挿入したインジケーターのパラメータ設定画面が開きます。

任意のパラメーターを設定し、「OK」をクリックすると、インジケーターが無事に挿入されます。

はちわれ
ご購入いただいたインジケーターのパラメータについては、購入サポートページから説明ページに移動できますので、そちらをご覧ください。