各種通知の設定方法

各種通知の設定方法

この度は、はちわれのMT4インジケーターをご購入いただきありがとうございました。

このページでは、各種通知の設定方法をご紹介します。

メール通知の設定方法

メール通知は、MT4の設定が必要です。

MT4を起動したら、ツールバーの「ツール」⇒「オプション」を開きます。

「E-メール」というタブを開き、必要事項を入力します。

メール通知設定画面
メール通知で必要な設定
  • 有効にする
  • SMTPサーバー
  • SMTPログインID
  • SMTPパスワード
  • 発信元
  • 送信元

有効にする

メール通知を有効にするかどうかの設定です。

メール通知を行うので、チェックを入れましょう。

しょうこ

これ以降の設定は、各メールサービスごとにご紹介する方がわかりやすいので、各メールサービスごとにまとめます!

Google、Yahoo!メール、エックスサーバーのメール、ConoHaサーバーのメール以外をご利用の場合は、お手数ですがお客様の方でお調べ下さい。

送信元が「通知を受け取りたいメールアドレス」で、発信元が「通知を送信したいメールアドレス」です。

送信元と発信元は同一のメールアドレスでもOKです。

発信元にGmailを使用する場合

項目入力内容
SMTPサーバーsmtp.gmail.com:465
SMTPログインID発信元のメールアドレス
SMTPパスワードアプリパスワード(取得する)
発信元発信元のメールアドレス
送信元宛先のメールアドレス
Gmailのヘルプ

Gmailのセキュリティサービスの一つに、「アカウントを2段階認証プロセスで保護する」というサービスがあります。

このサービスをオンにしている場合、SMTPパスワードはアプリパスワードが必要になります。(オフにしている場合はメールアドレスのパスワードでOKですが、セキュリティを考えると、オンにしておく方がおすすめです)

まずは、Googleアカウントのセキュリティ設定にアクセスします。

Googleアカウントのセキュリティ設定

「Googleへのログイン」にある「アプリパスワード」をクリックし、「アプリパスワードを生成するアプリとデバイスを選択して下さい」という項目のアプリを「その他」に設定します。

Gmailのアプリパスワード取得方法1
Gmaiilのアプリパスワード:アプリ名

アプリ名は任意の名称でOKです。

「生成」ボタンをクリックすると、アプリパスワードが表示されます。

Gmailアプリパスワード取得

全ての設定項目が入力できたら、「テスト」ボタンをクリックして、メールが送信されるか確認しましょう。

発信元にYahooメールを使用する場合

項目入力内容
SMTPサーバーsmtp.mail.yahoo.co.jp:465
SMTPログインIDYahoo! JAPAN IDのアカウント名(ログイン名)
SMTPパスワードYahoo! JAPAN IDのパスワード
発信元発信元のメールアドレス
送信元宛先のメールアドレス
Yahoo!メールのヘルプ

さらに、Yahoo!メールでの設定も必要です。

Yahoo!メールの右上あたりにある「設定・利用規約」⇒「メールの設定」をクリックします。

「IMAP/POP/SMTPアクセスとメール転送」の項目にある「Yahoo! JAPAN公式サービス以外からのアクセスも有効にする」にチェックを入れて、SMTPの設定の「有効にする」を選択し、保存します。

Yahoo!メールの設定

全ての設定項目が入力できたら、「テスト」ボタンをクリックして、メールが送信されるか確認しましょう。

エックスサーバーのメールを使用する場合

項目入力内容
SMTPサーバーsv***.xserver.jp:465
「サーバーパネル」⇒「サーバー情報」にある「ホスト名」です。
SMTPログインIDメールアドレス
SMTPパスワードメールアドレス設定時のパスワード
発信元発信元のメールアドレス
送信元宛先のメールアドレス
エックスサーバーのヘルプ

全ての設定項目が入力できたら、「テスト」ボタンをクリックして、メールが送信されるか確認しましょう。

ConoHaサーバーのメールを使用する場合

項目入力内容
SMTPサーバーmail**.conoha.ne.jp:587
「WING」⇒「サーバー管理」⇒「契約情報」⇒「メール/FTP/ネームサーバー情報」にある「メールサーバー」です。
SMTPログインIDメールアドレス
SMTPパスワードメールアドレス設定時のパスワード
発信元発信元のメールアドレス
送信元宛先のメールアドレス
ConoHaサーバーのヘルプ

全ての設定項目が入力できたら、「テスト」ボタンをクリックして、メールが送信されるか確認しましょう。

メールが届かない場合

MT4のテストボタンをクリックしてもメールが届かない場合は、MT4の操作履歴にエラーが出ていないか確認して下さい。

Mail: ‘Test message’ has been sent

メールは正常に送信されています。

宛先(送信元)のメールアドレスに間違いがないかや、スパム設定などをご確認下さい。

Mail: error connecting to (SMTPサーバー名)

SMTPサーバー名に間違いがあるか、ポート番号に間違いがあります。

サーバー名もポート番号も間違いがないのにメールが送信できない場合は、各メールサービスのヘルプをご確認下さい。

Gmailのヘルプ

Yahoo!メールのヘルプ

エックスサーバーのヘルプ

ConoHaサーバーのヘルプ

Mail: login to (SMTPサーバー名) failed

ログイン情報に間違いがあります。

SSL通信(ポート番号465)を使用していて、ログイン情報に間違いがないのにエラーが出る場合は、TLS通信(ポート番号587)で試してみて下さい。

ConoHaサーバーでは、SSL通信だとエラーが出るようです。(サーバーの設定によるかもしれません)

詳しくは、各メールサービスのヘルプをご確認下さい。

Gmailのヘルプ

Yahoo!メールのヘルプ

エックスサーバーのヘルプ

ConoHaサーバーのヘルプ

Mail: ‘Test message’ failed

クリックのし過ぎなどでメールが詰まってしまっています。

MT4を再起動して再度お試し下さい。

ログが出ない

メールサービスへのログイン試行中です。

あまりにも長時間ログが出ない場合は、メールサービスへのログインに失敗している可能性が高いです。

暫く待つとログが出力されるので、そのログをご確認下さい。

プッシュ通知の設定方法

プッシュ通知を利用するには、MT4の設定が必要です。

まずは、プッシュ通知を受け取りたいMetaTrader4アプリを起動します。

メッセージタブの場所にアプリIDがあるので、コピーします。

MT4アプリのアプリID

MT4を起動し、メニューバーの「ツール」⇒「オプション」をクリックし、「通知機能」のタブへ移動します。

「プッシュ通知機能を有効にする」にチェックを入れ、「MetaQuotes ID」に、先程確認したアプリIDを入力します。

プッシュ通知のMT4の設定

全て入力できたら、テストボタンをクリックし、プッシュ通知が届くかを確認して下さい。

LINE通知の設定方法

インジケーターのLINE通知を設定する方法

LINE通知用ファイルのインストール場所

LINE通知用ファイルは、「Line.ex4」という名称のファイルです。

LINE通知用ファイルをインストールする方法の大まかな流れは、以下のとおりです。

インジケーターのインストール方法
  1. MT4を起動し、「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック
  2. 「MQL4」→「Libraries」の順にフォルダを開く
  3. 解凍した「Line.ex4」ファイルを「Libraries」フォルダ内に移動させる
  4. MT4を再起動させる

はちわれ

順番に説明していきます。

①MT4を起動し、「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック

まず、インジケーターを導入するMT4を起動させます。

メニューバーの「ファイル」をクリックすると、一覧に「データフォルダを開く」という項目があるのでクリックします。

メニューバーの「ファイル」をクリックすると、一覧に「データフォルダを開く」という項目があるのでクリックします。

②「MQL4」→「Libraries」の順にフォルダを開く

「データフォルダを開く」をクリックすると、一つのウィンドウが開きます。

その中に「MQL4」というフォルダがあるのでクリックします。

「MQL4」というフォルダを開くと、「Libraries」というフォルダがあるので、それをクリックします。

③解凍した「Line.ex4」ファイルを「Libraries」フォルダ内に移動させる

解凍しておいた「Line.ex4」ファイルを「Libraries」フォルダに移動させます。

移動させても、コピーしても大丈夫です。購入したインジケーターはバックアップを取っておくことをおすすめします。

④MT4を再起動させる

一度MT4を閉じ、再度起動させます。

LINE通知用アクセストークンの取得方法

はちわれ投資では、LINENotifyを利用してLINE通知を実装しています。

LINE通知に必要なアクセストークンの取得方法をご紹介します。

LINE Notifyにログインする

LINE Notifyへのリンクはこちらです。

参考 LINE Notify

LINE Notifyへアクセスしたら、利用したいLINEのアカウントでログインします。

LINE Notify-ログイン

LINE Notifyでアクセストークンを取得する

LINE Notifyにログインしたら、マイページへ移動します。

ページの右上にアカウント名が表示されているので、クリックして「マイページ」を選択します。

LINE Notify-マイページ

マイページには、連携しているサービスが表示されます。

連携しているサービス一覧の下に「アクセストークンの発行」という項目があるので、そこにある「トークンを発行する」ボタンをクリックします。

トークンの発行ボタンをクリックする

「トークンを発行する」というページが開くので、トークン名と通知を送信するトークルームを選択します。

トークン名はお好みでOKです。

希望のトークルームがない場合は、「1:1でLINE Notifyから通知を受け取る」という項目を選択します。

必要事項が入力できたら、「発行する」ボタンをクリックします。

トークンを発行するための情報を入力

アクセストークンが発行されるので、アクセストークンをコピーします。

アクセストークンは1度しか発行されません。

万が一トークンを忘れてしまった場合は、連携を解除してトークンを再発行しましょう。

アクセストークンをコピーする

利用したいインジケーターのパラメーター設定画面でアクセストークンを設定する

コピーしたアクセストークンは、利用したいインジケーターのパラメーター設定画面に入力します。

はちわれ投資の平均足Proであれば、画像の場所です。

インジケーターのパラメーター設定画面にアクセストークンを入力

その他のLINE通知に関する設定は、各インジケーターのマニュアルをご覧ください。

また、パラメーター設定画面の全般タブにある「DLLの使用を許可する」にチェックを入れます。

DLLを許可するにチェック

これでLINE通知の準備が整いました。

実際に使用する前に、1分足など、アラートが発生しやすい条件でインジケーターを使用し、LINE通知が届くか確認をお願いします。